冊子「切手カタログ」の評価額と買取価格は同じなのかと聞かれました。実際には違うことがあります。切手の状態で違うし、業者によっても違います。

 

では「切手カタログ」は当てにならないのかというとそうではありません。目安になります。目安にするには非常に便利な冊子です。

 

査定は切手専門店がおすすめです。切手専門店の方が切手カタログの評価額と近いことが多いです。

 

お客さんに優良な切手コレクターがいる場合はさらにプレミアが付く可能性もあります。大事なのは需要と供給の関係です。